レンタル倉庫パーフェクトガイド

はじめてのトランクルーム選びに失敗しないノウハウをシェア

収納難民・収納弱者向けサービス

本が多くても収納力不足に陥らないための秘策+最強サービス

本棚がいっぱいになって困ってませんか?

  • 気付いたら本が増えてちゃう
  • また読むつもりなので捨てられない
  • もともと家が狭いから不利だ

本って腐ったりするわけではないし、無限に出版されるので整理しないと増えていく一方ですよね。

でも、工夫すれば収納力が低くても快適に暮らすことは可能ですよ。

このページでは「本好きなら知っておきたい収納力不足の解決策」を紹介します。

 

本好きと収納問題

読書好きはいつも収納力と戦っている

 

本の収納力をアップする秘策+優良サービス

ここからは具体的な解決策です。

常識的な方法からあまり知られていない方法までご紹介していきます。

 

処分

誰もが思いつく方法ですが、1度読んで満足した本であれば捨ててスペースを作るほうがいいかもしれません。

とっておいても役に立たない本もありますし、大抵の本は捨ててしまってもまた手に入ります。

 

寄贈

捨てるのは気が引ける場合は施設や団体に寄贈するのも手です。

例えば、charibonというサービスを利用すれば、あなたは本の寄付で社会貢献できます。

(5冊以上送れば送料もかかりません。)

 

利用の流れ

  1. サイトにアクセス
  2. 支援したい団体を選ぶ
  3. フォームから申込み
  4. 宅配業者に渡す
  5. 寄付

参考charibon(チャリボン)

 

現金化

現金化しておけば、次の本を買う資金になりますね。

 

メルカリ

メルカリで必要としている人に売って稼ぎましょう。

やや手間はかかりますが、買取業者に持っていくよりもお金になります。

 

中古買取

時間がなかったり、面倒な場合はもちろん買取業者を利用するのも手ですね。

メルカリで売るよりも手間を省け、1日で現金化できます。

 

査定額を高くするポイント

  1. まとめて売る
  2. 保存状態に気をつける
  3. 新刊のうちに売る

 

電子書籍化

そもそも紙の本を増やさないようにすれば、物理的にスペースがなくても済んでしまいますね。

 

例えば、BOOKSCANというサービスを利用すれば、本を箱に詰めて送るだけで格安で電子化+廃棄処分してもらうことができます。

自炊用のスキャナーを買う必要もないから一気にスッキリしますよ。

参考BOOKSCAN

 

ライフスタイルを変化させる

電子書籍読み放題のサービスを併用することも本を減らす方法の一つです。

 

例えば、アマゾンのKindle Unlimitedなら数百万冊の本にいつでもアクセスできます。

もちろん、すべての本が読めるわけではないものの多くの本を定額で読めるようになれば節約になることでしょう。

どうしても必要な本だけを買えば良いですね。

参考 kindle unlimited

 

トランクルーム

宅配型トランクルームを利用することで格安で収納できます。

月額で言えばわずか数百円程度ですから、引っ越しよりもはるかに安上がりです。

 

本好きが知っておきたい宅配型トランクルームの比較表

 シェアクラミニクラサマリーポケット
料金(個別撮影付)400円450円400円
ダンボールサイズ35cm × 33cm × 28cm42cm×29cm×33cm45cm×34cm×23cm

最大重量20kg20kg20kg
個別に取り出す場合送料800円送料324円+
1冊あたり32円
(250g以内)320円+税
(1kg以内)500円+税
(1kg以上)740円+税
箱で取り出す場合送料850円

預けているアイテムをスマホアプリで確認できると、自分のコレクションを把握しやすくて便利ですね。

なお、上記の3サービスだとコスパがいいのはサマリーポケットです。

くわしくは本を捨てられない読書家がサマリーポケットを使うべき理由にて解説しています。

 

 

まとめ

上記のサービスを上手く使いこなしたほうが本のために引っ越すよりも結果的には安くなりますよね。

広い部屋に引っ越そうとなると単なる家賃UPだけでなく、敷金礼金・配送費などもかかってしまうはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

-収納難民・収納弱者向けサービス

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2020 All Rights Reserved.