収納の選択肢

ふとんの保管サービス|おすすめは3種類!どれを選ぶ?

「冬の間に使ってた掛け布団と毛布、どこに置こう?スペースないんだけど…」と困っていませんか?

そんな時は使わない期間に預けるだけでも生活がかなり快適になります。

ただし、具体的な方法を知らずに損をしている人もいます。このページでは「布団保管」の選択肢を提示しつつ、見落としがちなポイント、どのように保管すればよいのかなど必要な情報をまとめます。

 

布団の収納に関するツイート

ふとんの収納スペースがない

トランクルームにふとんを保管している

 

令和の常識|ふとん保管の解決策は意外とある

「ふとんの保管なんてどこでやってるの?」と不思議に感じるかもしれませんが、存在します。

選択肢は3つある!

  1. 保管付きふとんクリーニング|おすすめ度:
  2. 宅配型トランクルーム|おすすめ度:
  3. ふとんのサブスク|おすすめ度:

 

①保管付きふとんクリーニング

宅配クリーニングの中には布団を長期保管に対応したサービスがあります。表示されているのはクリーニングと保管費用だけでなく、配送時の箱代や送料も込の料金です。

KAJITAKU|カジタク

【オススメのポイント】
①安心のイオングループ
②Amazon Pay対応
③キャンペーンで1パック分無料

料金最長保管期間
\1番人気/
2点コース
14,080円9ヶ月
3点コース19,800円
圧縮3点コース16,500円

リナビス

リナビス

【オススメのポイント】
①保管期間が業界最長

料金掛布団敷布団最長保管期間
1枚
9,680円10,230円9ヶ月
2枚12,980円14,080円
3枚14,190円15,840円
4枚16,280円18,480円

 

利用者増加中

保管付き布団クリーニングユーザーのツイートを見る

 

②宅配型トランクルーム(+クリーニングオプションを利用)

「ダンボール箱に荷物を詰めて倉庫に送るだけのシンプルさ」で人気急上昇中の宅配型トランクルーム。

一部の宅配型トランクルームはクリーニング屋と提携しており、布団やシーツ、毛布などの寝具をきれいに洗ってから保管してくれます。

保管だけなら月額500円以下、クリーニングを追加しても1万円以下で利用でき、ほとんどの人にとって手が届くはずです。

  • 家の中に使わない布団があるのを我慢するか
  • 月額500~1,000円程度払ってスッキリした部屋に住むか

後者を選ぶ人は多いでしょう。

クリーニングオプションがある宅配型トランクルーム

衣替えのタイミングで宅配型トランクルームを使うならクリーニングも頼めるサービスを選んでおくと便利です。 このページでは「衣類やふとんのクリーニングオプションメニューがある宅配型トランクルーム」を紹介し ...

 

③ふとんのサブスク

クリーニング費用や配送料込みの布団やシーツのレンタル(サブスク)も登場しています。

「自分で洗濯するのは面倒だけど清潔な布団で寝たい」
「衣替えとか収納のことは考えたくない」

そんなわがままを叶えてくれるサービスです。


RAKUTON

 

ふとんの保管|比較表

保管付クリーニング宅配型トランクルームふとんのサブスク
年間予算1.4万円~5千円~1万円3万円~
保管期間最長9ヶ月無期限なし
年2回交換
環境専用ルーム
方法圧縮
ふわふわ
圧縮
クリーニング布団


敷きパッド


毛布

シーツ

 

ふとん保管の失敗パターン

寝具を保管するにあたって注意したいポイントがいくつかあります。以下のような典型的な失敗パターンを避けましょう。

 

失敗① 高温多湿の環境を選んでしまう

寝具は湿度と温度が管理された環境で保管するのが基本です。

ここを考えず物置のような場所に布団を放置すると次に使うときにはカビだらけ、ウイルスまみれになっていることでしょう。保管場所は大事です。

 

失敗② 洗濯せずに保管を開始してしまう

皮脂や汚れを落とさずに保管してしまうとカビ、虫食いや黄ばみ、ニオイのもととなります。すぐに使うこともできません。

人間、寝ている間にコップ1杯以上の汗をかくと言いますから、万年床だと不衛生で病気も怖いですよね。

ダニのフン・死骸、アレルゲン物質、ほこりやカビ...。これらはアレルギーやぜんそくの原因になります。次のシーズンに心地よく使い始めるためにも長期保管前の洗濯は必要です。

-収納の選択肢
-, ,