トランクルーム基礎知識

レンタル倉庫をタイプごとに分類

更新日:

レンタル倉庫って、じつはいくつかのタイプに分けて考えることができるんです。

①屋外型
②屋内型
③宅配型・オンライン型
④空きスペースシェアサービス

あなたは全部イメージできますか?

ひょっとすると、まだ馴染みがないものもあるかもしれません。

このページでは「レンタル倉庫のタイプ」について紹介しますね。

①屋外型

コンテナタイプ

hello-storage04

屋外でコンテナが2段に積まれているタイプです。
屋内型に比べて安価に借りることができます。車を横付けできるので運ぶのも便利です。大型の荷物を保管しておく場所として有効です。

参考屋外型レンタル倉庫業者を比較

②屋内型

トランクルームタイプ

クローゼット

quraz_inside

自宅のクローゼット感覚で使えます。高さは2m程度はあるので高さのあるスキーやサーフボード、楽器などの保管にも向いています。

湿度管理のため、天井部分は金網になっています。

クローゼットタイプ向きの荷物

サーフボード・スキー板・スーツケース・楽器・パソコン・衣類・布団・靴・バッグ・季節家電・育児用品・ゴルフバッグ・スポーツ用品・オフィス用品・書類・椅子・什器・商品在庫・冷蔵庫・自転車・ソファー・家具など

ボックス

locker0001

ボックスタイプはやや大きめのコインロッカー程度のスペースです。

クローゼットタイプを上段と下段に分けた形なのでサイズ的に「大きいモノ」や「長いモノ」は入りませんが、自宅の外にちょっとした何かを置いておきたい場合に便利です。

ボックスタイプ向きの荷物

書籍・アルバム・CD・DVD・書類・趣味のコレクション品など

参考【0.5帖】小さいスペースがあるトランクルームを比較

屋内コンテナタイプ

okunai

屋内でコンテナが積まれて並んでいるタイプです。屋外型コンテナと同様の使い方ができます。車を横付けできるので運ぶのも便利です。

空調は完備されていないことが多いですが、雨風や直射日光を避けられる分だけ屋外型よりもコンディションは良好です。

広さにはバリエーションがあるため、必要に応じて自分に合ったものを探しましょう。

参考屋内型コンテナボックスを取り扱うレンタル倉庫

③宅配型・オンライン型

hacobell02

宅配型は郊外にある倉庫に保管するタイプのサービスです。WEB上で荷物を管理し、必要になった時に出庫指示を出すと宅急便などで届けてくれます。

インターネットを使うことができれば、荷物の取り出しはすべて業者が行うため、自分で荷物の出し入れをする必要がありません。

  • 力にはあまり自信がない
  • 車を持っていない

などに当てはまるお年寄りや女性などは特に重宝するでしょう。

参考格安で使える!宅配型トランクルームの業者を比較

④空きスペースシェアサービス

最近、個人や企業が余っているスペースを貸し出す新しいタイプのシェアリングビジネスが登場しています。

例えて言えば、荷物のための民泊のようなイメージ。

要は余った場所を有効活用したい人がホストになって、副収入を得ているんですね。

空きスペースの例

  • 個人の場合:自宅の一室
  • 企業の場合:オフィスや店舗の一部

個人間のやり取りがメインだからこそ、トランクルーム業者では難しい柔軟な対応も考えられます。

  • 引っ越しまでに短期的なラグができてしまった
  • リフォーム中に荷物置き場として使いたい
  • 実家が遠いから、近所に置かせてくれる人がいたら便利だな

ホストによっては数日の利用もOKなどかなり柔軟な対応をしていますよ。

相談次第で最もお得に借りられる可能性が高い点にも注目です。

参考収納(空きスペース)のシェアリングサービスを比較

-トランクルーム基礎知識

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2019 All Rights Reserved.