レンタル倉庫パーフェクトガイド

はじめてのトランクルーム選びに失敗しないノウハウをシェア

トランクルーム基礎知識

トランクルーム契約時の審査内容

一般的なトランクルームでは申し込み時に審査があります。

このページでは「トランクルームを借りる場合の審査内容」について紹介します。

トランクルームの審査

契約時の審査では以下の内容を主に確認しています。

審査内容

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 緊急連絡先(電話番号)
  • 職業・勤務先

基本的には審査通過率は高めです。ただし、場合によっては残念ながら断られるケースもあるでしょう。

なかには荷物を置いて料金を支払わない利用者もいますので業者も契約時には慎重になるんですね。

レンタル倉庫の契約を断られる可能性が高いケース

①未成年

法律上、未成年は単独で契約をすることができませんので基本的には断られます。

参考未成年者でも利用可能なトランクルーム

②収入なし

職業や勤務先を見て収入がなければ断られます。

ただし、収入があればアルバイトなどでも契約できることがあります。

③住所不定

鍵や契約書類は審査書類に記載した住所に届きます。

住所がなければ、年齢や収入面などをクリアしていても審査を通過することは難しいでしょう。また、緊急時に連絡が取れない可能性があることから断られます。

④銀行口座なし

レンタル倉庫の月額使用料の支払い方法は一般的に銀行口座からの自動引き落としになります。口座がないと支払いができないため利用できないでしょう。

⑤滞納履歴

悪質な滞納履歴があり、ブラックリストとして登録されている場合には断られます。

忘れっぽくて支払い忘れるかもしれないという場合はクレジットカード払いができるところを選ぶと良いかもしれませんね。

参考クレジットカード払いができるトランクルーム業者

まとめ

審査が厳しい場合には契約ができない可能性があります。もし、断られてしまっても審査の厳しくないところでは契約できるかもしれませんので、他の業者も探して見ると良いかもしれません。

参考利用開始まで短時間!審査なしのトランクルーム

-トランクルーム基礎知識

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2019 All Rights Reserved.