レンタル倉庫パーフェクトガイド

はじめてのトランクルーム選びに失敗しないノウハウをシェア

断捨離

1年間で1度も使わなかったら捨てても問題がない

1年間で1度も使わなかったら捨てても問題がないと聞いたことはありませんか?

この話を初めて聞いた時は半信半疑でしたが、私自身実践してみてわかりました、本当に困らないということに。

1年というのが不安なら3年でも良いと思いますが、とにかく理由もなくモノを取っておくライフスタイルはやめたほうが良いと思っています。

このページではその理由について私なりの考えを紹介します。

使わないモノは処分すべき理由

①モノのためになる

おそらく小さい頃からモノを大切にするように教育されてきたと思いますが、果たして使わずに取っておくことがモノを大切にすることでしょうか?

とりあえず取っておくというのは見方によっては、いわば「飼い殺し」のような状態です。

モノも使われない状態にあることがいいことではありません。楽器などは音が悪くなるとも聞きますし、金属も錆びます。

自分が使わないなら誰かにあげるなどして使ってもらう方が良いのではないでしょうか?

今はリサイクルショップに持っていったり、オークションで他人と取引することが簡単な時代です。方法はいくらでもあるのです。

本当にモノを大切にするなら、モノにも幸せになってもらう方法を取った方が良いのではないでしょうか。

倉庫費用を削減できる

倉庫にもスペースができるので他のモノを置くことができますし、場合によっては小さなサイズの倉庫を借り換えて費用を削減できます。

不用品がお金に変わる

リサイクルショップやオークションに出品すればお金になります。

売る方としては倉庫費用の足しにもなりますし、自分が使いこなせなかったモノを誰かが使ってくれることにつながるので、モノにとっても良いことです。

②生活コストが削減できる

ぶっちゃけ、できることならレンタル倉庫など借りない方が理想です。誰だって無駄なお金を払いたくはありませんよね?

だから、本当はレンタル倉庫などいらないのです。

でも現実は広い家に住んで高い家賃を払うよりはレンタル倉庫を使う方が安いから仕方なく借りているだけです。

初めから不要なモノを置かなければ、レンタル倉庫なして生活できるので生活コストが下がります。

なんだかんだ言ってこれが一番じゃないでしょうか。

③掃除が大変

私は東京で賃貸マンションに住んでいることもありますが、家に大きなスペースがあるわけではありません。

だからちょっと油断して余計なモノを置いてしまうと途端に狭くなってしまうのです。

もっとモノを置けるように今よりも少し広い部屋を借りて住めばいいんじゃないの?と思うかもしれません。

ですが、実際になくて済んでしまっているのにモノを増やすためにわざわざ広い家を借りようとは思えないのです。

また、何度も引越しを重ねてきて気がついたのが「必要以上に大きなスペースがあっても掃除が大変」だということ。

だから程々でいいんじゃないかと考えています。

④手間がかかる

大抵のモノは一定の期間ごとに掃除や洗濯などのメンテナンスをしないと劣化するようになっています。

しかし、使わないモノのためにその時間を費やすのはムダだと思うのです。使う人がメンテナンスをすれば良いのではないでしょうか。

だから①でも書きましたが、誰かに使ってもらえば良いのです。

具体的な判断方法

私が具体的にやった方法はシンプルです。

日常的に使わないものはすべてレンタル倉庫に入れておき、必要になるたびに取りに行くだけです。

そのため、必要になれば歩いて取りに行ける距離にレンタル倉庫を借りていました。

1年間保管しておいて一度も取りに行かなかったモノは処分しましたが、処分はヤフオクやリサイクルショップを活用して行いました。

今もレンタルでスペースを借りていますが、小さなスペースで済んでいます。

参考収納の問題は「レンタル倉庫」を使い倒して一発解消!

-断捨離

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2019 All Rights Reserved.