レンタル倉庫パーフェクトガイド

はじめてのトランクルーム選びに失敗しないノウハウをシェア

収納サービス比較

トランクルーム vs 宅配クリーニング 服の保管はどっちが正解?

クローゼット入りきらなくなった服の保管場所を探していませんか?

もちろん広い家に引っ越すなども一つの手ですが、金銭的にも手間的にもなかなか大変でしょう。

そこで知っておきたいのが「トランクルーム」「保管付き宅配クリーニング」です。

このページでは両者を比較しつつ、あなたにとって最適な選択肢を提案します。

 

服保管 2つの選択肢

①トランクルーム

まずは洋服の保管場所として近所にトランクルームを借りて使うという手がありますね。

24時間営業だから好きなタイミングで出し入れ可能。もちろん洋服以外の荷物も収納できるため、一度契約してしまえば、自宅のクローゼットや押入れの代わりに活躍します。

トランクルームで服を保管するときの流れ

  1. クリーニング
  2. 自宅からトランクルームまで運ぶ
  3. 保管
  4. トランクルームから自宅まで運ぶ

 

②保管付き宅配クリーニング

もう一つの手としてクリーニング屋の洋服保管を利用するという手もあります。

あまり一般的ではないため、「初めて聞いたんだけど」というケースもあるかもしれませんが、ズバリ、シンプルに説明しますと一部の宅配クリーニングで提供している衣料品の長期保管サービスです。

次のシーズンまで服のプロが最高水準の環境で保管してくれるから自宅より安心で利用者が増えています。

 

保管付き宅配クリーニングを使うときの流れ

  1. 集荷キットを取寄せ
  2. キットに入れる
  3. 配送業者が自宅まで回収に来る
  4. クリーニング
  5. 長期保管
  6. 自宅へ配達

 

トランクルーム vs 宅配クリーニングの洋服保管サービス 比較表

両者の違いは何なのでしょうか?一度整理しましょう。

 トランクルーム保管付き
宅配クリーニング
①服のメンテナンス自分次第クリーニングのプロによる点検あり
②誰が運ぶ?自分配送業者
③どこで保管する?通常のトランクルームアパレル専用倉庫
(温度・湿度管理)
④取出頻度自由1回のみ
⑤年間保管料5万円以上1〜2万円程度

以上の比較表をもとにまずは両者の長所や短所をまとめます。

その後でトランクルームに向いているパターンと宅配クリーニングに向いているパターンについて解説します。

 

服の保管にトランクルームを使うメリット

自由度が高い

取り出し時間

基本、24時間出入り自由なので必要になったらいつでも取りに行くことができます。また、ちょっとした作業スペースや更衣室として使う人もいるようです。

 

収納品

トランクルームには靴やかばん、帽子、アクセサリーなどを含めて洋服以外のものを収納することができます。もちろん普通のTシャツやスポーツ用品、災害時の非常食等の保管にも使えます。

宅配クリーニングだと服のみしか保管できないケースが多く、場合によっては対応できないこともあります。

その点、トランクルームは服以外の保管場所としても色々使い道があるので、衣類以外の収納にも困っている場合に向いています。

 

服の保管におけるトランクルームを使うデメリット

自分でクリーニングする必要がある

クリーニングは基本的に自分で手配する必要があり、時間と手間がかかります。

 

自分で運ぶ必要がある

自分でトランクルームと自宅を往復することになります。宅配クリーニングに依頼すれば、集荷と配達をやってくれることを考えると大変ではあります。

 

アパレル保管専用の環境ではない

トランクルームはアパレル品以外の利用者も多いので、アパレル保管に特化した環境があるわけではありません。空調設備があっても常温の時もあります。

 

料金的に割高

年間保管料としては最低でも5万円以上はかかります。宅配クリーニングと比較すると高く感じますね。

 

服の保管に宅配クリーニングを使うメリット

料金的に安い

年間保管料1〜2万円程度で済むのでトランクルームよりも安いです。

ちなみに一般的なクリーニング店によっては放置しているとかなり保管料をとられてしまうケースもあります。(実際、世の中には何万円レベルで支払う羽目になっている人もいるんです。)

その点、宅配クリーニングだと事前に料金が分かっているから予想外の高額保管料を請求される心配はありません

 

クリーニング以外のメンテ込で丸投げ

基本的にクリーニングのプロにおまかせできます。集荷キットに梱包して宅配業者に手渡すだけなのでトランクルームを往復するよりも手間はかからないでしょう。

ネットから申し込むだけでドライバーが集荷や配達に来てくれます。重い荷物をわざわざ自分で運ぶ必要もありません。そう考えると1〜2時間分の労力を省いてゆっくりすることができます。

さらにほつれやボタンつけなどの作業もやってくれるので洋服のコンディションが完璧に近い状態で次のシーズンを迎えられます。次に着る時はおろしたてのような気持ちよさで着ることができますね。

 

アパレル用の倉庫で保管

クリーニングに預ければアパレル専用の環境で保管してもらえます。温度や湿度の他、直射日光等も避けられるのでカビや変色の心配はありません。

一方、トランクルームだと色々な利用者がいるため、必ずしもアパレル保管に最適化しているわけではありません。

 

保管付き宅配クリーニングのデメリット

衣類以外の収納には未対応

一部例外はありますが、保管付き宅配クリーニングが対応しているのは基本的に洋服やふとんのみです。

衣類以外のものを保管したい場合にはやはり「トランクルームタイプ」を使うべきと言えます。

 

(1着だけなどの)少数保管には対応していない

宅配クリーニングでの保管できる量はある程度数が決まっています(5着から30着程度)。

かなり少量の場合や大量に保管しておきたい場合には向きません。

 

ちょうどいい時期に届くとは限らない

いったんクリーニングに出してしまったらすぐに取り出すというわけには行かず、手元に届くまでに多少時間がかかってしまいます。また、思ったより寒くなるのが早くて明日にはコートが必要となっても対応できないこともあるでしょう。

さらにクリーニングだと「1点だけ早く発送してほしい」などの個別発送対応も難しいです。

 

どうでしょうか?

以上のメリット・デメリットを踏まえてまとめます。

 

トランクルームに向いているパターン

  • 服以外の収納も困っている(靴、帽子、カバン、アクセサリーなど)
  • 頻繁に出し入れする予定がある
大手の屋内トランクルームを徹底比較!最強はどこだ?

収納スペースが限られる都心部を中心にトランクルームを利用している人が増えています。 キュラーズによると近年、トランクルームの契約者数は右肩上がりだそうです。 このページでは「屋内型のトランクルーム」を ...

 

保管付き宅配クリーニングに向いているパターン

  • 次のシーズンまで着ない服を預けたい
  • アパレル環境で保管したい
  • できるだけ料金を抑えたい
保管付の宅配クリーニングを徹底比較!コスパ最強はどこ?

宅配クリーニングの長期保管サービスを利用して来シーズンまで服を預けておく人が増えています。 やはりコロナ以降、人々の生活スタイルも変わってきているようです。 このページでは「保管付き宅配クリーニング」 ...

 

最後に一言

両サービスとも便利ですが、当然、完璧ではありません。プラスなところもマイナスなポイントもあります。

それを踏まえて、あなたの利用方法にあった選択をしてみてください。

-収納サービス比較
-

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2022 All Rights Reserved.