レンタル倉庫パーフェクトガイド

はじめてのトランクルーム選びに失敗しないノウハウをシェア

トランクルーム基礎知識

希望のレンタル倉庫が満室だったらどうする?取りうる4つの手段とは

借りようと思ったレンタル倉庫が満室で困っていませんか?

空きがあったとしても希望するサイズは埋まっているパターンもありますよね。

このページでは「レンタル倉庫が空いていない場合に取り得る代替手段」について紹介します。

レンタル倉庫が空いていない場合に取り得る手段

①他の物件を探す

一度契約したら複数年にわたって借りるユーザーもいるので、空かない時は待っていてもまったく空かないこともあります。空きそうもないと判断したら他を探しましょう。

全国のレンタル倉庫を網羅しているトランクルーム検索サイトなら簡単に探せて便利です。

参考LIFULL(ライフル)トランクルーム

②予約する

予約できないか聞いてみましょう。

例えば、ライゼボックスには「空き待ち登録制度」があります。

予約しておくと空きが出たら順番に連絡がきます。

キャンセル料もかかりませんので登録してみてはいかがでしょうか。

参考ライゼボックス

③短期間だけ他のスペースを利用する

ほとんどのレンタル倉庫では希望するスペースが空くまで他のスペースを使って、空きが出たら移動させてもらうということができるはずです。

気になる業者があれば、まずはダメ元でも確認してみましょう。

参考短期利用向きのトランクルーム

④空きが出るまで待つ

どうしても借りたい場合「ひたすら待つ」ことになります。

レンタル倉庫の空き部屋が出るタイミングは引越しシーズン

2月〜5月のように人が動くシーズンは連動してレンタル倉庫も空きが出ます。

やはり引越しで環境が変われば収納が不要になることもありますし、別の場所に借り換えるということも起こりやすくなるんですね。

更新料のタイミングでの解約も

1年ごとに更新料の支払いがある業者では、更新のタイミングで一定の解約が出ます。

長い間使う予定なら更新料のないところがいいという人がいるのかもしれませんね。

-トランクルーム基礎知識
-,

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2019 All Rights Reserved.