レンタル倉庫パーフェクトガイド

はじめてのトランクルーム選びに失敗しないノウハウをシェア

トランクルーム基礎知識

トランクルームのセキュリティ体制を抜き打ちチェック

トランクルームやコンテナボックスを借りるにあたって「セキュリティ体制」は気になりませんか?

いくら盗難保険などに入っていても心配なものは心配ですよね。

このページでは「私が今まで借りたり見学した経験をもとに言えること」を紹介したいと思います。

屋内型トランクルームのセキュリティ

①入口

hello-strage_key

建物の入口はカードキーなどで管理されていることが多いです。暗証番号の入力とカードが必要なところの方が安心度は高そうですね。

②倉庫まで

エレベーター

elevator03

ほとんどのレンタル倉庫では部外者でもエレベーターを使用することができます。

特にビルインタイプ(雑居ビルのワンフロアを倉庫として貸しているタイプ)の場合はどうしてもそうせざるをえない傾向が強いのではないでしょうか。

この点でいうと大手の業者が強いと感じます。なぜかというとビル一棟をまるごと管理しているため部外者が入りにくいからです。

中小規模業者は資金的に余力がないことも多く、ビルインタイプの収納になってしまいがちなのです。

階段

steps

雑居ビルの一室をトランクルームとして使っている業者は階段も自由に使えます。

③トランクルーム自体

quraz_inside

鍵のタイプは業者によって異なりますが、各トランクルームのドアは「南京錠」や「ディンプルキー」で開ける仕組みが多いです。一部ドアノブタイプのところもあります。

湿気対策の一環として天井部分は密閉されていませんが、金属のネットがかかっているので侵入は難しくなっています。

④防犯カメラ

quraz

さすがに防犯カメラを設置していない倉庫はありません。

⑤有人警備

hello-storage_alsok

定期的に巡回・清掃など行われますが基本的には無人です。ALSOKやセコムといった警備会社と契約しているパターンが多いようです。

屋外型コンテナのセキュリティ

①入口

kase09

屋外コンテナボックスの場合は入口は特に鍵がないことが多いです。

②コンテナボックスの鍵

hello-storage-container

2422_005

ハローストレージのコンテナはエール社の南京錠を使用しています。

③防犯カメラ

最低限防犯カメラは設置しています。

まとめ

ビルのワンフロアをトランクルームとして貸している場合はどうしても部外者が入りやすくなります。その点で行くと自社でビル全体を管理している方がセキュリティ面が強固ですね。

参考【防犯体制】セキュリティがしっかりしたトランクルーム

-トランクルーム基礎知識

Copyright© レンタル倉庫パーフェクトガイド , 2019 All Rights Reserved.